青汁イメージ

自分に合った青汁を選ぼう

健康に良く栄養満点、普段不足しがちな野菜成分などを補うパートナーとして私たちがまず最初に思い浮かべるのが青汁でしょう。
健康ブームの昨今その需要は爆発的に伸びており、様々な商品が開発され、種類も豊富になりました。
一方、その種類の豊富さゆえに、私たち一人一人に合った青汁製品をどのように選べばよいか悩むという嬉しい機会も増えました。
まず自分の体調を見極め、改善にふさわしい栄養素と成分を備えたものを見つけましょう。
青汁のなかでも特にメジャーなのはケールを使った商品でしょう。
ケールはキャベツやブロッコリーの一種で原種と言われていますが結球せず、1年中栽培できる利点があります。
栄養素も見事なもので、ビタミンAはにんじんの2倍、カルシウムは牛乳の2倍含まれているのを筆頭に、他ビタミン、ミネラル、食物繊維などの定番から、GABAやクロロフィル、赤ワインなどに含まれていることで有名なポリフェノール、視力回復に効果的なルティンなど最近注目の成分まで多種含み、がんや生活習慣病の予防など続けて嬉しい効果が確認されています。
中でも、ケールの素晴らしい栄養素を吸収しやすくした新しい製品が話題となり、人気を集めています。
ケールを使った青汁についての詳しい解説は、こちらがお勧めです。
原材料として最近よく名前を目にするようになったものの中に、大麦若葉や明日菜が挙げられます。
大麦若葉はその名の通り、大麦の若い葉の部分のことを指します。
大麦と日本人とのつながりはとても古く、1万年以上前から食物として使われてきたなじみ深いものです。
その大麦の実が実る前のみずみずしい若葉は各種ビタミン、ミネラル、食物繊維をはじめ、魅力的な栄養に満ち溢れています。
注目すべきは摂取がどうしても不足しがちになる葉酸で、ブロッコリーの5倍も含まれています。
大麦若葉で作られた製品は、若芽ということもあり葉物としては青臭さが薄く、口当たりの良い初心者にもとっつきやすい一杯に仕上がっているようです。
明日葉はせり科の多年草植物で、各地でてんぷらなどの郷土料理に使われることでもおなじみの野菜です。
中国では薬用に使われるほど体に良いことで知られ、抗菌作用があるカルコンなどの植物性ポリフェノールを含有し、生活習慣病改善効果、特に利尿作用や便秘改善などに効果があるようです。
青汁を製造販売する各社では原材料の栽培場所にも工夫を凝らし、最もその商品に合った栽培場所、栽培方法に至るまで最新の注意を払っています。
この素晴らしい成分満載の美味しい一杯で、私たちの健康管理も楽に楽しく行えるでしょう。
青汁の健康効果については、こちらのサイトをご覧ください。
加齢とともに出てくる悩みはたくさんあると思いますがその一つに薄毛があると思います。
青汁にはそういった悩みにも効く働きがあります。
薄毛には育毛シャンプーなどを使うことで更なる効果が出ると思いますので併用をおすすめします。
こちらに 口コミで評判の育毛シャンプーや育毛剤ランキングが載っているサイトがありますのでご覧ください。

Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.