青汁イメージ

栄養機能食品としての青汁について

"栄養機能食品とは、ビタミンやミネラルといった栄養成分の補給のために利用される食品のことで、栄養成分の機能を表示するもののことをいいます。
この食品が販売されるためには1日あたりの摂取目安量に含まれる栄養成分があらかじめ決められている成分量の範囲内にある必要があり、栄養機能表示だけではなく、注意喚起表示などもする必要があるとされています。
一方特定保険食品(トクホ)というものもあり、効果や効能に関して消費者に示すことが許されている食品で、厚生労働省からの認可をもらう必要があります。
またトクホとして認可されるためには効能や効果を治験等により実証させることが必要である、医薬品検査並みの資料提出があります。
したがってトクホはその効能を宣伝することができますが、栄養機能食品はその効果や効能については宣伝することができず、栄養成分を掲載することだけが認められているのです。
実は青汁にはこのトクホに認められているものと栄養機能食品としてのみ販売されているものの2種類が存在しています。
トクホとして認可を受けたものは現状ではほぼ6種類程度出回っていますが、それ以外のものは殆どが認可を受けていませんし、現在売れ筋の商品は殆ど認可を受けていない状況です。
青汁の場合、トクホとして認可を受けるためにはデータ提出が膨大でかなりの時間をかけることになるためそこに費用をかけるよりも製品価格を抑えて安く販売し、品質やサービスの向上に努めたいと考えるメーカーはこの商品を取得のハードルが低い栄養機能食品として登録し、あえてトクホを取得していないことがわかります。
実際には殆ど同じ材料を使っているわけですからその機能から考えればトクホにこだわって高いものを選ぶよりは通常の青汁を選択するというのも消費者として賢い方法ではないかと思います。
この機能食品としては亜鉛、カルシウム、鉄、銅、マグネシウム、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA B1 B2 B6 B12 C E、葉酸といった17成分について摂取量の上下限の規格に適合していればその成分について表示することが可能になっています。
青汁はあくまで野菜から作られている食品ですので、薬ではありません。
したがってこうした中に含まれる栄養素を良く見た上で納得して購入できるものであれば、あとはどちらを選ぶかは消費者にまかされているということです。
どう判断するかは個別の消費者の方の考え方次第ということになります。

http://umarlee.com/
www.healthhutch.com
http://www.unwronged.com/
こちらはお勧めのサイトです。是非ご覧になってみてください。

Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.