青汁イメージ

フリーズドライの青汁について

健康食品としてすっかり定番になった青汁ですが、その形状や製造方法は様々な物があります。
最初に出回った商品は冷凍タイプが主流でしたが、今では粉末タイプが主流になっています。
またサプリメントの感覚で飲むことができる粒タイプも出てきて薬局でも気軽に買えるようになってきました。
こちらの青汁のタイプについての詳しい解説も是非ご覧ください。
そして今注目されているのはフリーズドライで作られた青汁です。
イメージとしてはみそ汁やスープでお湯をかけるとさっと溶ける商品を思い浮かべてもらうと良いかと思います。
冷凍タイプの青汁はケールなどの原材料を絞ったものを冷凍するため、栄養素はそのまま残ります。
しかし、保存には冷凍しておかなければならないため持ち運びが難しく保管場所にもスペースを必要とします。
現在主流になっている粉末タイプは冷凍タイプの欠点であった持ち運びや保管に関して全く問題がなくなりました。
しかし、製法によってはビタミンが熱で破壊されてしまったり、食物繊維が製品に残らないといった成分の欠損が発生します。
サプリメント感覚で飲める粒タイプは持ち運びや保管が非常に簡単で普段から薬やサプリメントを飲んでいる人には続けやすく、さらに味が苦手な人でもにがみを感じない利点があります。
しかし、他タイプと比べて飲む数が多くなってしまいます。
フリーズドライで作った青汁は急速冷凍をして、真空乾燥をしているため熱を加えていません。
そのため、熱に弱いビタミンはそのまま残すことができます。
また食物繊維も傷つけずに保管されます。
他の製法ですと野菜の組織が変形してしまうため同じ食物繊維でも変形してしまっています。
お湯にも水にもさっと溶かすことができるので、続ける上での飲みやすさにも優れています。
さらに水分が抜けたブロック状になっている製品が多いため持ち運びや保存も簡単で、出先でも水さえあれば簡単に摂取することができます。
こちらのサイトで紹介されている青汁を美味しく飲むにはの解説も参考になさってみてください。

フリーズドライの製法は他製法と比べて、製造に手間がかかるため購入金額は高価になる傾向があります。
しかし、原材料のビタミンやミネラルや食物繊維が破壊されずに摂取することができる上、持ち運びも便利で、水にもお湯にも溶けやすいとマイナス点がありません。
通販サイトではお試し価格や初回限定特価などのサービス価格で買うことができますので、まず一度フリーズドライの製品を体験してもらい、その効果と飲み続けやすさを実感して下さい。
その後も定期購入サービスを使えば割引価格で購入することができるので、費用的にも続けることは難しくないはずです。
こちらのサイトの楽天での青汁の購入方法と人気の比較の解説もおすすめです。

Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.