青汁イメージ

原料の違いで青汁の味や効能が異なる

一昔前までは、苦い、まずい、独特のにおいが臭い、飲みにくいなどのイメージが強く敬遠されがちでしたが、最近では、苦味も抑えられ、独特のにおいも軽減し、すっきりとした味わいで飲みやすく改良された商品が各メーカーから多く発売されています。
青汁は一般的に緑黄色野菜をミキサーなどですりつぶしたもの、つまり野菜の絞り汁の総称です。
材料によりケール、大麦若葉、緑茶などとさまざまな種類がありますが、そのほとんどがビタミン、ミネラル、食物繊維、鉄分を豊富に含んでいますので、不足しがちな栄養分や食物繊維を毎日コップに一杯飲むだけで簡単に栄養補給することができます。
青汁にはさまざまな種類の栄養素が豊富に含まれています。
原料により含まれる栄養素はさまざまですが、一般的な栄養素としてビタミンA、ビタミンC、ベータカロチン、葉緑素、食物繊維、鉄分、マグネシウム、カリウムなどがあり、野菜不足の解消や栄養源としての食品としてかなり優秀な飲みものです。
こちらのサイトの解説自然の恵が豊富な青汁で体質改善も参考になるかと思いますので是非ご覧になってみてください。

健康効果や効能もさまざまで、病気の改善だけでなく、体質の改善することも可能です。
体のバランスを整えてくれ、体調がよくなります。
ここでは原料による青汁の効果効能について紹介します。
ケールはキャベツの原種といわれており、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。
ケールは栽培地で味が異なります。
一般的に八百屋で売っているような野菜ではないので通常の料理に使うと美味しくなく、ミキサーなどで葉を絞って飲む野菜です。
ケールはビタミンCやビタミンAを多く含んでいるため、不足しがちな栄養素を補給して、体の免疫力を高めるのに有効な野菜です。
ケールだけでは飲みにくい場合は、果汁100パーセントのジュースや調整豆乳などを混ぜて飲むと甘みが増し、独特の臭みが軽減し、味がまろやかになり飲みやすくなります。
また、野菜の臭いが苦手な人でも抵抗なく飲める青汁 http://www.stirlingalbion.com/なんかも紹介されています。

ケールは美肌効果をストレートに実感しやすい野菜です。
ゴーヤーも原料として使われます。
ゴーヤーは沖縄で有名な野菜ですが、古くから中国などでも薬用として利用されています。
ゴーヤーにも種類があり、沖縄で広く栽培されているのはナガレイシという種類のゴーヤーになります。
ゴーヤー自体には特にビタミンCやカリウムが多く含まれ最近では血糖値を下げる効果があるといわれています。
糖尿病や高血圧の気になる場合に最適な原料です。
材料により味も効能も異なる青汁ですが、体質や体調にあった商品を選ぶことが大切です。
また高麗人参も糖尿病や成人病に効果があるとされています。
http://www.vulnerableplaque.org/Glycosuria.html

Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.